配当再投資を実践する二丁目の投資家

日本株及び米国株の配当再投資で資産形成を目指しています

資産運用状況(2020年5月末)

f:id:nityoume:20200301095604j:plain

2020年5月末時点の資産額です。

半年ぶりに評価額がプラスに転じました。

5月は、ネオモバで東レと東京海上、米国株ではAT&TとXOMとMO、iDeCoの積立でS&P500投信を購入しました。

 

 

総資産残高

f:id:nityoume:20200601122239j:image

f:id:nityoume:20200601122347j:image

  • 投資額 14,211,947円(前月+610,063円)
  • 評価額 14,354,226円(前月+967,505円)
  • 評価損益 +142,279円 

 

日本株の運用状況

f:id:nityoume:20200601122551j:image

  • 投資額 4,467,713円(前月+0円)
  • 評価額 4,498,630円(前月+276,920円)
  • 評価損益 +28,197円

 

米国株の運用状況

f:id:nityoume:20200601122609j:image

  • 投資額 3,554,920円(前月+120,925円)
  • 評価額 3,598,403円(前月+159,999円)
  • 評価損益 +43,543円

 

投資信託の運用状況

f:id:nityoume:20200601122628j:image

  • 投資額 468,000円(前月+12,000円)
  • 評価額 474,056円(前月+27,754円)
  • 評価損益 +6,056円

 

ネオモバの運用状況

f:id:nityoume:20200601122640j:image

  • 投資額 716,427円(前月+477,138円)
  • 評価額 746,787円(前月+502,832円)
  • 評価損益 +33,618円

 

雑感

タバコとオイルというマイナスの2大巨頭を抱えつつもプラ転しました。

株価上昇がすごいですね。

3月は買えば下がるという状況でしたが、4月、5月は買えば上がるという不思議な状況でした。

今後どのような相場になるのかは分かりませんが、3月が結果的に絶好の買い場だったことを考えれば、買えば上がる今の状況はどこで売るかを探る場面なのかもしれません。

 

コロナ前であれば株価上昇なんて気にもしなかったでしょうが、今はホールドに拘らず「売る」という選択肢もあるということを頭の片隅に入れておくべきだろうと感じ始めています。

バイ&ホールドのスタンスに変わりはありませんが、一辺倒な思考よりもいろんなパターンを考えておくことが良い結果をもたらす可能性を増やしてくれると考えるようになりました。