配当再投資を実践する二丁目の投資家

日本株及び米国株の長期投資で資産形成するブログ

スポンサーリンク

家計簿(2019年4月)

4月1日から5月6日までの家計簿です。

マネーフォワードで自動計算しているため、ゴールデンウィーク期間も含んだ集計となっています。

 

 

 4月家計簿

  • 収入 290,076円
  • 支出 194,266円
  • 積立 89,098円
  • 残高 6,712円

 

f:id:nityoume:20190508185122j:image

 

4月家計所感

ギリギリプラスです。

先月支出182,510円と比較して支出が増えてしまいました。

主な原因は、独自ドメイン代16,646円とスマホ代14,957円の支出です。

そして、雑費もろもろが全然削減できていません。

削減できる部分は明らかになっているのに、自分の意思が弱いため無駄にいろいろと買ってしまいます。家族にケーキ買ったり、余計な惣菜買ってしまったり。気付くとけっこうな金額使っちゃうんですよね。困ったものです。

なお、固定資産税等149,000円の支払いもあったのですが、固定資産税は、毎月の積立から拠出していることと、先月支出との比較のため除いています。

 

支出内訳

【固定費】79,528円

  • 住宅ローン 41,009円
  • マンション管理費 22,820円
  • 保険代 10,799円
  • 組合費 4,900円

【積立】89,098円

  • 学資保険 14,098円
  • 年金積立 10,000円
  • ideco 12,000円
  • SBI入金 53,000円

【変動費】114,738円

  • 通信費 10,328円
  • ネット 32,563円
  • 交通費 500円
  • 娯楽費 972円
  • 電子マネー 44,775円
  • 現金利用 25,600円

【税金】149,000円

  • 固定資産税 149,000円

 

雑費の月額使用目標:25,180円

電子マネーと現金利用分を雑費としています。

この雑費は無駄遣い分が含まれており、大幅に削減可能な部分です。

雑費は、銀行から引き落とした現金とSuica払いの合計金額となっていまして、支出内容としては、嗜好品、トイレタリー、昼食代、飲み会代の費用です。

25,000円くらいまで減らせると思っていますが、毎月60,000~70,000円というね。

(目標内訳)

  • ジュース2本×23日=5,980円
  • 昼食400円×23日=9,200円
  • 飲み会1回4,000円+ラーメン代1,000円=5,000円
  • トイレタリー1,000円
  • おやつ代1,000円×4週=4,000円
  • 合計25,180円

(現実)

  • 合計70,375円